個人情報・機密情報管理

a) 個人情報管理委員会オブザーバーサービス

個人情報管理委員会は、保有する個人情報を管理する上で必要とされる取扱い規定の改廃、管理手法の計画立案、監査役からの報告に基づいた現状把握と改善策の導入を実施する責任を負います。この委員会等にオブザーバーとして参加し、実施状況を分析して、問題点の抽出や改善案を提案します。

(主な提案例)

  1. 教育計画及びその範囲・内容
  2. 監査計画及びその範囲・内容
  3. 監査結果に基づく改善策の内容
  4. 管理規定や手順の改廃の必要性
  5. 新たな脆弱性の有無
  6. 情報管理委員会の構成、役割、権限、責任、機能
△ページトップへ戻る

b) 個人情報・機密情報保護関連規定整備支援

個人情報を始めとする機密情報の管理を徹底する上で、その管理手法を明確に定義した方針・規定・マニュアル等が必要とされます。これらの管理規定文書を整備し、規則に則った管理を実施して始めて安全な情報管理を行うことが可能となります。本サービスにおいては、情報管理を行う上で必要とされる方針・規定・マニュアル等の整備を支援します。

(主な支援例)

  1. 個人情報保護規定
  2. 個人情報漏洩対応規定
  3. 個人情報漏洩マニュアル
  4. 個人情報開示請求対応マニュアル
△ページトップへ戻る